ファッション

「ヴィクトリア ベッカム」が「ターゲット」とコラボ、低価格帯市場に参入

 「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」が、米量販店「ターゲット(Target)」とのコラボレーションを発表した。200点に及ぶ商品は4月9日、店舗とオンラインで発売される。価格はベビー・子ども服が6~30ドル(684~3420円)、ウィメンズが20~70ドル(2280~7980円)。海外からも購入できるよう「ヴィクトリア ベッカム」のオンラインサイトでも販売予定だ。デザイナーのヴィクトリアは「服にあまりお金をかけられない女性のためのコレクションを作りたかった。」と話す。

 ヴィクトリアは2008年に「ヴィクトリア ベッカム」をローンチ後、11年にはより手頃な価格のライフスタイル・コレクションとして「ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Victoria Beckham。以下、VVB)」をスタートした。「『VVB』はメーンラインの妹的存在。自分のスタイルに遊び心を付け足すイメージ」とヴィクトリア。「ターゲット」とのコラボでは、メーンラインの上品さを表現しつつ、『VBBの遊び要素も加える』」という。

 製作にあたっては、5歳になる娘のハーパーからアイデアを得た。例えば花びらのように見えるパステル模様を散りばめたレーンコートは、彼女と一緒に作った押し花から着想を得ている。白い襟元にウサギのワンポイントをあしらったブラックドレスは、母娘おそろいで用意。その他、ティーポット柄や花柄、ハチの模様のスカートなども展開する。「子どもは快適な服を好むもの。母親として学んだことを全てコレクションに詰め込んだわ」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

16人の編集長が語る「私たちがイベントに取り組む理由」、目指すは「イマーシブ メディア」【WWDBEAUTY付録:ヘアケアのプレミアム化が業界を変える】

11月27日発売の「WWDJAPAN」は、メディア特集です。 アフターコロナ時代を迎え、ファッションやビューティ業界では、イベントが百花繚乱。そんな業界に寄り添ってきたファッション&ビューティメディアも、この秋はイベントに積極的でした。今秋は、周年のお祝いから社会課題に対するアティチュードの発信まで、多くのメディアがほぼ毎週、全国各地でイベントを開催。かつては「マスメディア」と呼ばれていたにもかか…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。