ファッション

「DVF」「フレイ アイディー」などが東コレに参加 消費者参加型のショー実施

 「神戸コレクション」やフェスイベント「超十代」などを運営するアイグリッツは、消費者参加型イベント「トーキョー ボックス ボリューム ゼロ(TOKYO BOX vol.ZERO)」を東京・新宿のルミネ ゼロで3月18~20日に行う。「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」の公式イベントとして、B to BとB to Cの併用を意識したファッションショーを企画する。

 参加するのはNY発の「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」(3月18日)、マッシュスタイルラボの「フレイ アイディー(FRAY I.D)」(19日)、川島幸美による「アウラ(AULA)」(20日)の3ブランド。それぞれがランウエイショーを行い、プレス関係者の他、パートナーであるニュウマンやブランドの顧客を招待する。また会場周辺のデジタルサイネージでショーの様子を生中継したり、サイト上でのライブ配信も予定する。

 「フレイ アイディー」「ダイアン フォン ファステンバーグ」はオンシーズンの2017年春夏の商品を発表し、「アウラ」は17-18年秋冬の新作を披露する。「ダイアン フォン ファステンバーグ」は“SEE NOW, BUY NOW”型として、ECなどで“すぐ買える”施策を行う予定だ。

【関連記事】
■「ハイク」参加決定 東コレ2017-18年秋冬のスケジュール発表
■ジョナサン・サンダースによる新生「DVF」を初披露
■新生「ダイアン」、買える価格の楽しいドレスで好発進

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら