ニュース

東レが海外での事業展開強化へ 新中計発表

 東レは、2020年3月期を最終年度とする新中期経営計画を発表した。20年前後に達成を目指す売上高3兆円、営業利益3000億円に向けた取り組みの最終段階となる。20年3月期の目標は、売上高2兆7000億円(17年3月期見通しは2兆600億円)、営業利益2500億円(同1550億円)。基幹の繊維事業は売上高1兆1200億円(同8650億円)、営業利益920億円(同680億円)の達成を見込む。糸、テキスタイル、製品までの一貫生産型のサプライ・チェーン・マネジメントを強化するほか、新規事業領域を拡張する。

 全社的には特に海外での事業展開を強化する。これまで海外は米国や中国での事業が主だったが、事業拡大・高度化の対象を欧州や新興国にも広げる。海外売上高を年率12%で拡大させ、20年3月期には1兆5000億円(1ドル100円換算)の達成を目指す。設備投資についても5000億円のうち、6割を海外に振り分ける計画だ。そのほか、重点施策として新事業創出や、新技術・新素材の研究開発、M&Aも積極的に行う。

【関連記事】
■ストライプが中国に大型店 競合他社の50ブランドを売る
■東レ“トランプ政権”でも米国戦略に変更なし 100億円を投じるメキシコ繊維工場は計画通り

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら