ファッション

英「ヴォーグ」編集長のアレクサンドラ・シュールマンが退任

 「ブリティッシュ ヴォーグ」のアレクサンドラ・シュールマン編集長が退任する。後任は今年中に発表される予定だ。

 シュールマン編集長は「約25年間に渡って『ブリティッシュ ヴォーグ』の編集に携わり、舵を取ってきたことは、大変名誉なことだった。この長い間、誌面の中だけでなく、数多くの才能のあるデザイナーたちと仕事をすることができ、『ヴォーグ』だけでなく、イギリスのファッション産業の発展を垣間見ることができた」と語る。

【関連記事】
■故フランカ・ソッツァーニ伊「ヴォーグ」編集長の後任決定
イタリア版「ヴォーグ」編集長死去

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら