ニュース

パルコがクラウドソーシングを使った通訳サービスを開始

 パルコは、外国人客のためにクラウドソーシングを活用した映像通訳サービス「クラウド通訳」を1月27日〜2月28日、札幌パルコで試験導入する。専用端末(スマートフォン)を使った対面通訳で、外国人客、スタッフ、通訳者の3者で通話。従来はパルコ7店舗で電話による通訳を行っていたが、クラウド通訳によって客の顔や商品を目視できるために、より進んだ接客が可能になる。対応言語は、電話通訳と同じく英語、中国語(北京語)、韓国語。同店のインフォメーションカウンター(B1)、「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」(1F)、「バオバオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」(1F)の3カ所でサービスを提供する。

【関連記事】
■パルコが今秋からロボットの実証実験 接客や棚卸をサポート
■アマゾンがレジなしのスーパー「アマゾン ゴー」を開店

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら