ファッション

故フランカ・ソッツァーニ伊「ヴォーグ」編集長の後任決定

 コンデナスト・インターナショナル(CONDE NAST INTERNATIONAL)は1月20日、昨年12月に死去したフランカ・ソッツァーニ「ヴォーグ イタリア(VOGUE ITALIA)」編集長の後任として、エマニュエレ・ファルネティ(Emanuele Farneti)現イタリア版「GQ」編集長を指名した。ファルネティ新編集長は、フランカ同様、メンズ誌「ルオモ ヴォーグ(L’UOMO VOGUE)」編集長も兼務する。

 ファルネティ編集長は1974年生まれ。テレビ業界でキャリアを積んだ後、99年にコンデナスト・イタリアに入社し、伊「GQ」の創刊に携わる。その後、一度退社し、新聞記者などを経て、ファッション誌「フレア(FLAIR)」の編集長に就任。2014年にコンデナスト・イタリアに戻り、インテリア誌「AD」編集長を務めた後、15年に伊「GQ」編集長に就任した。

 今回の人事について、ジョナサン・ニューハウス=コンデナスト・インターナショナル会長兼CEOは、「エマニュエレはもちろん、ファッションと写真の世界的な参考文献である『ヴォーグ イタリア』と『ルオモ ヴォーグ』を作り上げた伝説的なフランカの跡を継ぐ。フランカは唯一無二の存在だった。しかし、彼女自身、『ヴォーグ』は個人のクリエイティビティーを超越するものと認めていた。フランカはエマニュエレのことをよく知っていたし尊敬していたから、彼女も認めてくれると信じている」とコメントしている。

【関連記事】
イタリア版「ヴォーグ」編集長死去

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら