フォーカス

「スナイデル」28歳店長が語る年間6億円売る店の作り方

 20代女性に多くのファンを持つマッシュスタイルラボの「スナイデル(SNIDEL)」。全国主要ファッションビルや百貨店に構える店舗の中で、年間売上高6億円以上と最も売り上げる一番店はルミネ新宿2店だ。2015年にブランド設立10周年を迎え、16年9月には新コンセプトデザインに改装リニューアル。オープン初日にはブランド過去最高の4089万円を売り上げた。同店のスタッフはアルバイト含め21人。店長を務めるのは28歳の狩野有美さんだ。人気ブランドの一番店のリーダーとして、どのようにお客さまとコミュニケーションをとり、スタッフ育成・接客を行い、販売やモチベーションアップにつなげているのか。彼女のスタッフ育成術や接客マイルールなどを聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):マッシュスタイルラボに入社したきっかけは?

狩野有美さん(以下、狩野):高校卒業後、アパレル企業に入社して、OL系のブランドの販売員をしていました。その後もまたアパレルに進むか迷ったのですが、特に資格を持っていなかったので、再度経験のあったアパレルに進むことにしました。正直、「スナイデル」のことはよく知りませんでした。買ったことはなかったし、好きなモデルの私服で名前を見かけていたくらい。でもお店に行くと、内装がきれいでついつい入ってみたくなる印象でした。それから、ブランドのこと、企業のことを調べると「ジェラート ピケ」と同じ会社なんだと知って、受けてみようかなと思いました。

WWD:もともとファッションには興味がありました?

狩野:服が好きという気持ちはずっとありました。「スナイデル」はあまり知識がないところからスタートしましたが、人気ブランドなので憧れが持てたし、毎日納品が来るたびにワクワクして楽しいという気持ちが高まっていきました。プライベートではどちらかというと聞き役なのですが、店舗でも地方から来られた方や年が離れた方など、普段会わないような方々と話す機会も増え、ファッション以外の話もできたりして、自分自身勉強になることも多いです。

WWD:販売員の仕事内容とは?

狩野:一番の仕事は笑顔でお客さまを迎えることです。でも販売は表では華やかな仕事に見えても、店舗裏では納品された大量の箱を女の子たちがせっせと開けて、重いコートなどを検品して、ストックに詰めて、陳列して……実は結構な体力仕事なんです。店頭でかわいい服を着ているスタッフも体力使っているんですよ(笑)。