ファッション

「ミュウミュウ」が香水を発売 2作目は透明感溢れる香り

 「ミュウミュウ(MIU MIU)」は3月8日、新作のフレグランス「ロー ブルー オードパルファム」を発売する。同作は、2015年11月に初のフレグランスとしてローンチした「ミュウミュウ オードパルファム」に続く2作目。「青の水」を名に冠した、透明感あふれるフローラルな香りを打ち出す。

 調香は、前作同様にダニエラ・アンドリエ調香師が手掛けた。スズランを基調としたフローラル調に、ハニーサックル(スイカズラ科)、アキガラウッドを添えることで、みずみずしく可憐な香りの中にウッディを潜ませた。

 また、ブランドを象徴するマテラッセのデザインを配したボトルには、輝くブルーのガラスを採用。それに対し、ボトルキャップにはパステルイエローのディスクを配することで、素材のコントラストを効かせている。

 広告ビジュアルも前作同様、女優のステイシー・マーティンを起用し、スティーブン・マイゼルが撮影を手掛け、製品の特徴となる「透明感ある女性像」を表現した。

■ミュウミュウ「ロー ブルー オードパルファム」
価格:7800円(30mL)、1万400円(50mL)、1万5000円(100mL)
発売日:2017年3月8日(3月1日に伊勢丹新宿本店で先行販売)

【関連記事】
「ミュウミュウ」がブランド初の香水を発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら