フォーカス

今、パリコレは若手が面白い! 第4弾「ワンダ ナイロン」

 ここ数シーズンのパリ・ファッション・ウイークでは、「ヴェトモン」や「コーシェ」など新たな才能が続々と頭角を現している。2017年春夏はそんな若手デザイナーたちの活躍が定着し、彼らのブランドがパリコレ序盤の大きな目玉になった。ここでは、特に今後の飛躍が期待される実力派4人を直撃。クリエイションに対する姿勢や思いに迫る。第4回は、今年のANDAMファッション・アワードでグランプリに選ばれ、今シーズン、オンスケジュール入りを果たした「ワンダ ナイロン(WANDA NYLON)」をピックアップする。

“一人一人異なるパーソナリティーに惹かれる”

WWDジャパン(以下、WWD):これまでエディターや衣装デザイナーからファッションショーのキャスティング・ディレクターまで幅広い経験を積んでいるが。

ジョアナ・セニック「ワンダ ナイロン」デザイナー(以下、セニック): 18歳の時にあこがれを胸にプロヴァンスからパリに出てきたけれど、その時はファッション業界でどうやってキャリアを築くのかも分かっていなかった。きっかけを与えてくれたのは、街角のカフェでオシャレだなーと思って声を掛けた女性。彼女の紹介でファッション・エディターやスタイリストとして働き始めたの。でも、それだけでは満足できなくて、映画の衣装を手掛け始めたの。ある時、ミュージックビデオのスタイリングに関わることがあって、同時にダンサーのキャスティングを手伝った。それをきっかけにキャスティングに興味を持つようになり、「ジバンシィ」や「アレキサンダー・マックイーン」のショーのキャスティング・ディレクターなども務めていたメイダ・グレゴリ・ボイナの下でキャリアを積んだわ。そして、イエール国際モード&写真フェスティバルで働き、そこでまだ無名だった頃のアンソニー・ヴァカレロと出会って、「アンソニー ヴァカレロ」を2人で立ち上げた。でも、学校でファッションを専門的に学んだことはないの。昔から机に座って勉強するのは苦手だったからね。