ファッション

“ゴスロリおひなさま”、アッシュ・ペーが渋谷で発売

 アッシュ・ペー・フランスの地場産品のセレクトショップ「ルームス ジーバ(ROOMS JI-BA)」は、後藤人形のひな人形の取り扱いをスタートした。岐阜県発の後藤人形のひな人形は、2代目節句人形工芸士の後藤由香子による和洋折衷なデザインが特徴。モノトーンで装飾したひな人形の「ゴシック」は“ゴスロリおひなさま”と話題になり、テレビ番組「情報ライブミヤネ屋」や「スッキリ」などで特集された他、ツイッター上で約5万件の投稿が拡散された。

 ラインアップは「ゴシック」(30万円)をはじめ、2016年節句人形コンクールで最高賞を受賞した「くれない」(30万円)、「春」(26万円)、「花かんむり」(45万円)など10種類。マンション住まいでも飾りやすいコンパクトサイズ(約30~40センチ)も用意する。一部の装飾はネックレスなどのアクセサリーとして、持ち主が身に着けることが可能だ。東京で販売されるのは、今回が初。店舗でオーダーを受け、1月下旬から発送する。取り扱いは3月3日まで。

 後藤人形は岐阜県で1945年に創業。08年にはイタリア・フィレンツェの世界遺産、ヴェッキオ宮殿に展示。今年、横浜で開催された横浜人形の家の「ひなまつり展」で紹介され、今年9月には合同展示会「ルームス33(rooms33)」にも出展した。

【関連記事】
合同展示会ルームスの地場産エリアが初の直営店をヒカリエにオープン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら