ファッション

「カナダグース」、動物愛護団体からの糾弾を受け、反論

 「カナダグース(CANADA GOOSE)」が動物愛護団体からの抗議行動にさらされている。12月2日には、ニューヨーク・ソーホーの旗艦店前で、名乗らぬ団体がダウンや毛皮について糾弾。「カナダグース」の商品を着た男性が、死んでいるコヨーテの後ろ足をつかみ、逆さ吊りにしている写真を掲載したリーフレットを通行人らに配布した。リーフレットには、アイコニックなロゴから血が滴り、「1957年から動物を虐待している」という文章を描くイラストもあった。抗議団体は、ファーのトリミングなどに用いられるコヨーテはワナに捕まったもので、ダウンの採集方法についても問題があると主張する。

 これに対し「カナダグース」はすぐさま反論し、「すべての商品に用いられる動物は倫理的に入手したもの。動物が痛み、苦しむような形で入手しているものはない。毛皮は北アメリカのハンターから入手しているが、みな州であり、地方でありの認可を受けている人々だ。ダウンも同様だ。生きた鳥から羽毛をむしり取ることなんてしていないし、採集のために鳥にエサを強制的に与え続けるようなこともしていない」と主張する。

 ニューヨークの店舗は先月のオープン以来、たびたび愛護団体からの抗議行動を受けている。カナダ・トロントの店舗も同様だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら