ファッション

「ユニクロ」が“ライフウエア”を再定義 2017年春夏コレクションをショーで披露

 「ユニクロ(UNIQLO)」は11月18日、グローバル・プレスイベント“ライフウエア・デイ(LIFEWEAR DAY)”を開催し、2017年春夏コレクションを発表した。これまでも世界のメディア関係者を招いたプレスプレビューで新作コレクションを発表してきた「ユニクロ」だが、今シーズンはブランドコンセプトである“ライフウエア”をより明確に体現する演出にこだわった。演出は籠谷友近が、スタイリングは渡辺俊が担当した。

 ショーでは「街中」「オフィス」「公園」「家」を舞台に、さまざまシーンで「ユニクロ」を着て活動する人々の様子を表現した。国籍も年齢もバラバラのモデルたちは、友人同士や会社の同僚、家族、カップルとして登場し、談笑したり、ジョギングしたり、それぞれが日常のワンシーンを演じた。カジュアルからビジネス、スポーツ、リラックスウエアまで、幅広いアイテムとスタイルングを披露することで、すべての年齢やライフスタイルに寄り添うブランドとしての多様性を改めて示した。

 展示会場では、各カテゴリーごとにブースで春夏コレクションを披露した。冒頭でライフウエアの説明を掲示。特に打ち出したのは、デニムと“ユニクロスポーツ(UNIQLO SPORT)”“エアリズム”だ。デニムコーナーでは傘下の「Jブランド(J BRAND)」の敷地内に開設したロサンゼルスのデニム専門の研究・開発センターや、カイハラや東レと開発したデニム生地も紹介。16年春夏にスタートしたスポーツライン“ユニクロ スポーツ」”では、パフォーマンスサポートタイツ(コンプレッションウエア)やスポーツブラなど、機能と服種の広がりをビジュアルに訴求。「エアリズム」は機能性を打ち出すため、白衣を着た東レのスタッフの協力を得て、吸湿実験や消臭実験などを行い、品質の高さをアピールした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら