ファッション

ロンドンパンク誕生40周年を記念したパンクアート展が京都で開催

 11月19日から12月4日まで、京都・木屋町通の元立誠小学校でパンクアートエキシビション「Punks Not Dead」が開催している。1976年11月26日、セックス・ピストルズ (SEX PISTOLS)のファーストシングル「Anarchy In The UK」が発売されてから40年を迎えた今年、ロンドン発パンク・ロックの節目を記念した企画。同バンドのアートワークを手掛けたジェイミー・リードの作品や、パンクに影響を受けたオーベイ(OBEY)(シェパード・フェアリー)の作品、ポール・インセクトが描いたシド・ヴィシャスなど、20点の作品を展示販売する。会場は、小学校の元職員室を改装したコーヒー店「トラベリング コーヒー」。

 また、南校舎3階のシネマ鑑賞スペース「立誠シネマプロジェクト」では現在、アメリカンハードコア・パンクバンド「バッド・ブレインズ(BAD BRAINS)」のドキュメンタリー映画を上映中。年明けには、セックス・ピストルズのベーシスト、シド・ヴィシャスと恋人ナンシー・スパンゲンの最期の日々を追ったドキュメンタリー「SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー」を上映予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら