フォーカス

「アガット」に学ぶママ社員の経験とアイデアの生かし方

 サザビーリーグ傘下で、ジュエリーブランド「アガット(AGETE)」を手掛けるエーアンドエスは、2013年から職場環境の改善に取り組んでいる。時差出勤制度や連続休暇制度“GO 5 ホリデー”、1年間の社内インターンシップ制度“ワンズ トライアル”など制度を拡充し、4月にはママ社員だけで構成するチームで一連の商品開発を行う“MTプロジェクト(マザーチームプロジェクト)”を発足した。社員の9割が女性の同社では、子どもが産まれると継続して働くのが難しいことや、復職の際に産休・育休前と同じポジションに戻れるか分からないということが課題だった。そこで、これまでのスキルに加え、出産や育児の経験をキャリアに生かす施策として、同プロジェクトをスタートした。チームを構成するのは、新卒から「アガット」で販売やMD、マーケティングのキャリアを積んできた小菅裕子・経営管理部MTプロジェクト担当課長をはじめ、バイヤーや生産担当などこれまでの経験もさまざまなママ社員4人(現在は1人産休中なので3人)。現在は、これまでそれぞれが培ってきたスキルを生かし、“アニバーサリーコレクション”の再構築に取り組んでいる。「“アニバーサリーコレクション”は、人生の中にある記念の瞬間に寄り添いながら、願いや思いを込められるアイテムを提案するライン。約10年前からありましたが、記念日に対するマーケットのニーズやライフスタイルも変化しているので、今の価値観に合わせてブラッシュアップすることを目指しています」と小菅課長は説明する。

 “MTプロジェクト”のメンバーの業務は多岐にわたり、コンセプトやターゲット設定、商品企画、サンプル製作進行、発注、パッケージなど販促物のプランニングまでを可能な限りチームの中で完結するようにしているという。「時間的な制約はできますが、出産したからと言ってこれまで培ったスキルが急になくなるわけではない。基本的な業務は全て自分たちで完結するようにしています。そのため、子どもの病気などで急なお休みを取るときに業務をフォローし合えるよう、それぞれの主担当のフィールドを超えて動けるような体制を作っています。働きながら、新しいことを学ぶ毎日です」。また、同プロジェクトでは、設定された1カ月の勤務時間を自分で調整できるコアタイムなしのフレックスタイム制を試験的に導入。より臨機応変に対応できる働き方を認めている。