ニュース

フリッツ・ハンセン日本のトップにアジア地区代表が就任

 デンマーク発フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)の日本支社トップに10月17日、フリッツ・ハンセンのダリオ・ライシェル(DARIO REICHERL)アジア地区代表が就任した。同社は今まで日本、アジア太平洋、中東と3地区に分けていた市場をアジア地区として統合。ライシェル・アジア地区代表が統合市場を率いる。同代表は2014年フリッツ・ハンセンのアジア太平洋バイスプレジデントとして入社。15年からは中東も統括している。フリッツ・ハンセンは過去約2年間で、アジアでものストアを20店舗出店。今年5月にアジア初の直営旗艦店を東京・表参道に出店した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら