ファッション

ワニがワルツを踊る!「ラコステ」とジャン=ポール・グードの超・個性派コラボ

 「ラコステ」は11月、グラフィック・アーティストのジャン=ポール・グードとのコラボコレクションを発売する。ポロシャツやジャケット、バッグ、クラッチからなるコレクションは、全店舗とオンラインサイトで扱う。また、今年のクリスマスシーズンのスペシャルパッケージや広告ビジュアルもグードが手掛ける。

 定番アイテムのポロシャツは5色がそろい1万7000~1万9000円、ポロシャツのような襟が特徴のコットンピケのジャケットはネイビー、レッド、ブラックの3色展開で4万7000~5万円。それぞれメンズ、ウィメンズサイズがそろう。

 パリのフランス国立移民美術館で開催したローンチパーティーでは、グード本人も来場し、ファンたちはサインを求めて列をなした。ジャングルをテーマにコラボ商品をディスプレイした他、グードが手掛けたキャラクターのオブジェが音楽に合わせてワルツを踊るというインスタレーションが披露された。キャラクターは「ラコステ」のワニを再解釈したもので、オスとメスがいる。メスのドレスは折り紙や光ファイバー、ダンボールなどでできている。

 グードは、数々のブランドの広告キャンペーンも手掛けてきた1980~90年代を代表するアーティストの一人。今回のコラボは、フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ「ラコステ」クリエイティブ・ディレクターがグードにアプローチして実現したという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら