ビジネス

ニーマン・マーカス赤字転落 「課題は山積み」とCEO

 ニーマン・マーカス・グループの2016年度通期決算(7月30日終了)は、減収し、赤字に転落した。売上高は、前年比2.9%減の49億5000万ドル(約4950億円)。資産の評価損などにより、4億610万ドル(約406億1000万円)の赤字を計上した。

 カレン・カッツ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「あらゆるビジネスにおいて、課題が山積みだ」と話し、頻発するテロ、慢性的なドル高、観光客によるインバウンド消費の減少などが苦戦要因と分析。「これまでのファッション・システムが通用しなくなっている。デリバリーも、かつて新商品がもたらしてくれた鮮度や興奮も、すべて通用しない。消費者は、別の次元に進化している」と危機感をにじませた。

 今後については、過去を顧みず、改革を断行する。今秋「トム フォード」や「バーバリー」が取り組んだ“すぐ買える”コレクションを積極導入し、グループ売上高の3割にまで達したeコマースに注力する。一方で、2018年にはニューヨーク・マンハッタンのハドソンヤードにニーマン・マーカスの新店舗をオープン予定。同年には、同じくニューヨーク5番街のバーグドルフ・グッドマンのウィメンズ館を拡張する計画も進行中で、この2つについては、「ブランド側も乗り気。消費者も待ち望んでくれている」と継続する考えだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら