ファッション

「ダンヒル」が日本でオンラインブティックをオープン 充実したコンテンツでブランドの世界観を発信

 「ダンヒル(DUNHILL)」は2月18日に日本のオンラインブティックをオープンした。ロンドンにあるボードンハウス本店や銀座店、上海のツイン・ヴィラ店に共通するコンセプト、゛ホーム(HOME)"をウェブサイトでも再現し、ショッピングだけでなく、「ダンヒル」の世界観を楽しめるサイトになっている。

 サイト上では製品を丁寧に解説するビデオの他、新たなプラットフォーム、��ザ クラブ(The Club)"にアクセスすることができる。゛ザ クラブ"では「ダンヒル」の歴史やコレクション、ロンドン・イーストエンドでのビスポーク レザー製作の疑似体験、スポンサーを務めるクラシックカーレース゛ラリーニッポン"のショートフィルムなど、充実したコンテンツをそろえる。また、世界で活躍するコメンテーターのニック・フォルクス(Nick Foulkes)やモータリングマエストロ兼ジャーナリストのシモン・ド・バートン(Simon de Burton)、小説家のロブ・ライアン(Rob Ryan)など、多くのライターやコメンテーター、ライフスタイルブロガーがコンテンツにまつわる記事を投稿し、ブランドを多方面から紹介している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら