ファッション

「エムエスジーエム」がキッズコレクションをライセンスでスタート 7月に国内販売開始

 「エムエスジーエム(MSGM)」は、キッズコレクション「MSGM KIDS collcection」をローンチした。2014-15年秋冬スタートのライセンスで、日本では同ブランドを取り扱うアオイが独占輸入。7月から伊勢丹新宿店や南青山のスタンニング ルアー(STUNNING LURE)、大阪のセレクトショップ、ヴェロワー(VELOWER)、アルトピノ(ALTOPINO)で販売する。

 同コレクションは今年1月にイタリアの子ども服見本市ピッティ・ビンボで初披露。子ども服の生産を専門とするイタリアのマニファットゥーレ ダッダト(MANIFATTURE DADDATO)が生産販売する。「エムエスジーエム」らしいパワフルなフラワープリントを用いたワンピースやスウェットシャツ、Mを身頃に入れたニット、ブラックとピンクのストライプがクロスしたプリーツスカートなどを用意する。価格帯は1万5000円〜6万円。

 「エムエスジーエム」は、デザイナーのマッシモ・ジョルジェッティがイタリアのパオローニ・グループと提携してスタート。2010年春夏にファーストコレクションを発表し、同年、イタリア「ヴォーグ」主催の新人発掘コンテスト「Who's on next?」のファイナリストに選出された。日本には13年の春夏に本格上陸している。

■問い合わせ:アオイ 03-3239-0341

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら