ニュース

「ユニクロ」と「ルメール」コラボは16年春夏が買い納め 発展的解消か

 「ユニクロ(UNIQLO)」が2015年秋冬から発売した「ルメール(LEMAIRE)」との協業ライン「ユニクロアンドルメール(UNIQLO AND LEMAIRE)」の販売を16年春夏シーズンで終了する。2シーズン目にしてラストコレクションは、3月4日に発売する。世界17カ国・地域と、ユニクロオンラインストアで販売。国内では全シーズンの2倍となる73店舗でフルコレクションを扱う。

 「ユニクロアンドルメール」は、リラックス感がある中でも構築的なフォームを追求しており、4〜6回のフィッティング・修正を行うなど、リーズナブルながらもラグジュアリーな工程でモノ作りを行ってきていた。販売は好調で、コラボアイテムとしては珍しく、追加生産なども行ったりもしていた。ユニクロ執行役員R&D統括責任者は「確かに秋冬、非常に支持があって、想定以上の成功だった。日本だけでなく、基本的には世界的に大成功だった。春夏も期待しているが、あえて中止するのは、われわれは常に新しい提案をしていかないと。次の新しい形に向けて準備をしている。3〜4月には発表できると思う」と話す。

 「ルメール」とのコラボで学んだことは、「今春夏コレクションもパリで4回、東京で2回の6回フィッティングしている。ユニクロスタッフが、デザイナーからパタンナーまで10人ぐらい関わっており、ルーズなものを構築的に作るといった、服作りの根本を学んだ。われわれの財産になったと思っている」と話す。秋冬で売れたものは「なんといってもニット。セーターはかなり好調だった。メンズも想定以上だった。。ウィメンズ寄り(のコレクション・テイスト)かと思ったが、女性のお客さまがメンズを購入されたという現象もある。自分も考えた以上に売れた。また、ボトムスも良かった。まんべんなく売れた」と話す。

 今回のコラボでは、過去のコラボに比べて、「客層が広かった」ことが大きかったと振り返る。「ファッションをご存知の方、好きな方以外でも、入りやすかった。基本的にはエブリデイなので。買って大事にとっておくのではない。デザイナーによるものだが、毎日、実用的に着られるものを(コンセプトとして)提供したため、明らかに客層が今までのコラボレーションの中で幅広かった」。

 気になるのは、次の新しい形とは何か!?ということだ。「ルメール」はクリストフ・ルメールとサラ-リン・トランがデザイン・デュオとして手掛けているが、想定以上の成果を残したルメールについては、これまでも「ユニクロ」のクリエイティブ・ディレクター候補に上っていた。「フィロソフィーが合致した」と証明されたため、それが実現する可能性もある。また、女性がメンズを買うという「ノージェンダー」「ジェンダーレス」の購買傾向も顕著だったため、「ユニクロ」のジェンダーレス・コレクションなどを発売することも想定される。