ニュース

三陽商会「マッキントッシュ ロンドン」を初披露 ポスト・バーバリー本格化

 三陽商会は15日、来年秋から販売する新ブランド「マッキントッシュ ロンドン(MACKINTOSH LONDON)」を関係者に披露した。来年春夏物で販売が終了する「バーバリー ロンドン(BURBERRY LONDON)」の後継ブランドとして、百貨店の約200売り場への導入を図る。英「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」のセカンドラインではなく、45歳以上の大人を対象とした同格のブランドと位置付け、シルエットやデザインで差別化したMDを組む。主力であるコートは、国内の自社工場で作るギャバジンのトレンチコートのほか、「マッキントッシュ」の顔であるゴム引きコートを新シルエットで英国生産して輸入販売する。中心価格はトレンチコート12〜14万円、ゴム引きコート14万5000〜16万円を予定。コート以外にも「マッキントッシュ」では手薄なスーツやニット、服飾雑貨などを充実させている。

 同社は2018年度を最終年度にした中期5ヵ年計画でマッキントッシュ事業(「マッキントッシュ ロンドン」「マッキントッシュ フィロソフィー」)で300億円の売上高を想定しているが、このうち「マッキントッシュ ロンドン」で200億円を目標にする。会見した杉浦昌彦・社長は「三陽商会のモノ作りの集大成をぶつける。(「バーバリー」の契約終了を発表した)5月の会見以降、全国の百貨店への挨拶回りに奔走しているが、感触は非常に良い。来年秋の発売に向けてさらに磨いていくつもりだ」と話した。

【関連記事】
三陽商会が「バーバリー」ライセンス契約終了を発表
三陽商会「バーバリー・ロンドン」の後継に「マッキントッシュ ロンドン」を指名
英バーバリー、三陽商会とのライセンス解消後の戦略を発表 東京・大阪に4つの路面店
三陽商会は通期業績予想を上方修正
三陽商会が上質なダウン調達を強化

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら