ファッション

「ルイ・ヴィトン」×「ティンバーランド」の“6インチ ブーツ”が発売 7月18日に先行販売し、8月8日から一般販売

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が「ティンバーランド(TIMBERLAND)」とのカプセルコレクションを発売する。7月18日に「ルイ・ヴィトン」ウェブサイトと同ブランドのアプリ内特設ページで先行販売し、8月8日から一般販売する。価格は2200~2600ユーロ(約38万600~44万9800円)。

このコラボレーションは1月に開催したショーでファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)「ルイ・ヴィトン」メンズ・クリエイティブ・ディレクターがウエスタンカルチャーをテーマに披露したコレクションの中で発表したものだ。

コラボした“6インチ ブーツ”のアッパーには、LVモノグラムをエンボス加工したヌバックレザーを採用。カラーはウィートとブラックの2色展開で、モノグラムのエンボス加工を施したタンライニングとレザータグが特徴だ。このブーツは通常の6インチブーツの1.15倍のボリュームとなっている。

また、イタリアン・レザーに18金の金具をあしらった“LV6インチ・アンクルブーツ”も50足限定で発売する。価格は7万5000ユーロ(約1297万5000円)。ナチュラル・レザーのトリムを施したモノグラム・レザーとプレキシガラス製の特注シューズボックスがついてくる。

本カプセルコレクションでは、アンクルブーツ、レンジャーブーツ、プルオンミッドブーツ、プルオンハーネスブーツの4つのスタイルを発売する。各型はプリマロフト断熱材とシームシールされた防水構造を備えたイタリアンヌバックレザーで作られ、ワークブーツのシグネチャーであるラバーラグアウトソールを備えているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。