ニュース

「ショパール」、パリ・ヴァンドーム1番地のホテルを買収

 「ショパール(CHOPARD)」は、パリ市内のホテル「ホテル ドゥ ヴァンドーム」を手掛ける企業ユニオン・オテリエール・パリジェンヌを買収した。取得額は不明。ブランドは、「ホテルの取得はブティックの店舗網を拡充するため。さらに企業として事業を多角化する目的もある」とコメント。

 ヴァンドーム広場1番地の5つ星ホテルは、1723年創業。10のスイートルームを含む、29の部屋を有している。「特に1階のレストランは高い評価を得る名店。さらに投資して、ジュエリー&ウォッチとホテルの世界の融合を図りたい」と話している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら