ファッション

「メゾン フランシス クルジャン」の香りをもっと身近に。ボディケアラインに5つの香りが追加

? 2013年のフレグランス市場をけん引した、フレグランスブランド「メゾン フランシス クルジャン(Maison Francis Kurkdjian Paris)」。今回、2014年2月に「アクア ヴィタエ」「アミリス」「APOM」「ルミエール」「ウード」の5つの香りのボディケアアイテムが仲間入りする。フレグランスの香りを基調に、柔らかな香りのヴェールで体を包み込む。

 ブランドの創設者であるフランシス・クルジャンは、時代のニーズに合わせた革新的な香りを提案する調香師。そのクリエイティブな才能は瞬く間に広がり、2009年パリで1号店を開いた。日本での展開は2012年秋に初上陸を果たす。ブランドを代表する「アクア ユニヴェルサリス」は透明感溢れる香りで断トツの人気だ。2013年11月からはボディケアアイテムの販売も開始し、フレグランスでレイヤリングすれば1日中香りを楽しめる。

■メゾン フランシス クルジャン
画像左から、
アクア ヴィタエ センティッド シャワークリーム
価格:(150ml)6825円

アクア ヴィタエ センティッド ボディクリーム
価格:(150ml)8925円

アミリス ファム センティッド ボディクリーム
価格:(150ml)8925円

APOMファム センティッド ボディクリーム
価格:(150ml)8925円

ルミエール センティッド ボディクリーム
価格:(150ml)8925円

ウード センティッド ボディクリーム
価格:(150ml)8925円

発売日:2014年2月26日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら