ファッション

“建築”デザインをチョコレートに 端材をアップサイクルした木皿付き

京都の建築事務所・吉原組は、建築デザインの造形美を他分野にも提案するプロジェクト「トーフ(TOHU)」を立ち上げ、第1弾商品として建築デザインに着想を得たショコラタブレットを発売した。価格は5940円。取り扱いは「トーフ」公式オンラインサイトと、東京・南青山のスパイラル1階で3月14日まで開催しているポップアップイベントで販売中だ。

ショコラタブレットは3枚セットで、各ネーミングは建築の基本工程に由来している。建築の基礎を表す「ベース(BASE)」は、カカオの香りを感じるビターショコラ。構造を組み上げる工程「アッセ(ASSE)」は、なめらかでバランスのいいショコラに上質なトンカを練り込み、砂糖漬けのオレンジを組み合わせた。屋根を表す「ルーフ(ROOF)」は、ビターチョコレートにキャラメリゼした4種類のナッツをトッピングした。レシピの開発・監修は、フランス料理界の巨匠ジョエル・ロブション(Joel Robuchon)の元で15年以上シェフパティシエを務めた、「エキュ(EQU)」の中村忠史が担当した。

またショコラタブレットには、建築時に端材となった素材を加工した木皿とタブロイドが付く。木皿はウォールナットやブラックチェリー、栗、ブビンガ、チーク、神代欅(じんだいけやき)、ウェンジの中から一皿がランダムで付属する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。