ファッション

オンワードが「アップサイクル・アクション」を始動 渋谷ヒカリエで展示イベントも

オンワードホールディングスは、サステナブル経営を推進するプロジェクト「グリーン・オンワード」の一環として「アップサイクル・アクション(Upcycle Action)」をスタートしている。

「アップサイクル・アクション」は、回収した衣料品から新たな衣服を生み出す企画。第1弾は社員がクリエイターとして参加し、デニムを使用した作品を約150点制作した。さらにゲストクリエイターとして「ニサイ(NISAI)」の松田直己デザイナー、「メゾン シュン イシザワ(MAISON SHUN ISHIZAWA)」の石澤駿デザイナーとHARU氏も参加した。

全て1点物の作品は、3月14〜16日の3日間限定で、「楽天 ファッション ウイーク東京」2024-25年秋冬の公式会場である渋谷ヒカリエで展示を行う。また同日から、オンワードグループの公式ファッション通販サイト「オンワード・クローゼット」で販売する。

「オンワード・グリーン・キャンペーン」とは、利用者から自社の不要な衣料品を引き取ってリユース・リサイクルすることを通じ、衣料品循環システムの構築を目指す取り組みだ。2023年上半期までで累計約730万点の衣料品を回収した。引き取った衣料品はリサイクルしてRPF(固形燃料)に再生し代替エネルギーとして利用するほか、繊維製品の原料となるリサイクル糸に変換し毛布や軍手を生産している。毛布は日本赤十字社の協力のもと国内外の被災地や開発途上国への支援に活用し、軍手は災害支援、森林保全、啓蒙活動などさまざまな場面で配布している。まだ使用可能な一部の衣料品は、環境コンセプトショップ「オンワード・リユースパーク」で販売し、その収益を同プロジェクトの活動に役立てている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。