ファッション
連載 本明秀文のノットスニーカーライフ

本明秀文の“ノット”スニーカーライフ「どうなる2024年」

有料会員限定記事

アトモスの創業者・本明秀文さんの独自の目線と経験から、商売のヒントを探る連載。ファッション業界にとっての元日は、さらなる売り上げも見込める一粒万倍日と天赦日、天恩日が重なる最強開運日として期待値も高かった。だけど、地震やJAL機の炎上など、相次ぐ災難で新年を祝う喜びは一瞬にして消し飛んでしまった。冬なのに寒くない日々が続き、ダウンジャケットの出番もなし。そんなものだから、セールの購買意欲がなくなってしまう人も多いだろう。日々、もどかしい……、どうなる2024年!? (この記事は「WWDJAPAN」2024年1月15日号からの抜粋です)

本明秀文・アトモス創業者(以下、本明):多くの人は今日が仕事始め(取材日は1月4日)。僕は取引先銀行の賀詞交換会に呼ばれた。そこで聞くところ、アパレルは暖冬で冬物の売れ行きがかなり鈍い。重衣料の売り上げはキャッシュフローへの影響が大きいから、来年も異常気象が続けば、資金繰りが厳しくなるアパレル企業がかなり出てくると思う。

――新春の冬物のセールをやめて、型落ちしてからアウトレットに流すブランドも多いみたいですね。

本明:それができるのは体力があるところだろうね。体力がないところや在庫が溢れているところは、少しでも商品をさばきたいからセールするしかない。ナイキも在庫が倉庫に入らないほど多くて、置き場所に困っているとか。だからアウトレットにも流すんだけど、店頭のセールとほとんど変わらない値段で売っているものもある。アウトレットの様相も変わってきた。能登半島地震の風評被害も心配だね。インバウンドが来なくなると日本の経済は成り立たなくなる。

――大災害が起こると買い控えようという気持ちも生まれます。東日本大震災の後は、ミニマリストが注目を浴びましたし。

この続きを読むには…
残り1123⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。