サステナビリティ

ユニチカトレーディングが廃材を使った「フレグランス」 若手社員が考案

素材大手のユニチカの繊維子会社ユニチカトレーディングはこのほど、サーキュラーエコノミーを推進するプロジェクト「モリビト(MORIBITO)」で、ドライフラワーブランド「謳花(おうか)」とコラボレーションを行う。ユニチカトレーディングが廃材などを提供し、ドライフラワーのディフューザー「いちりんフレグランス」(1万2000円)として販売する。同製品は「謳花」を運営するソウアンのECサイトで販売する。

「モリビト」は、ユニチカトレーディングの若手社員を中心に、社外のクリエイターと協働してサーキュラーエコノミーを推進するプロジェクト。今回は、通常の花材に加え、廃棄花材や流通に乗らない剪定ゴミなど、さまざまな種類の花弁や環境の異なる花弁を寄せ集め、紡ぐようにして一輪の花にする「謳花」ブランドのアイテムで、ブーケの包装紙や緩衝材として、ユニチカトレーディングの廃材を提供する。「謳花」オリジナルのハンドメイドフラワーを、アロマオイルの受け口に活用、ディフューザーとして使用できる。「謳花」は、ドライフラワーを用いた空間装飾やインテリア、雑貨などを制作している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。