ファッション

「アメリヴィンテージ」が代官山店を移転拡大 売り場面積2倍に

ビーストーン(黒石奈央子CEO)は、「アメリヴィンテージ(AMERI VINTAGE)」の東京・代官山の直営店を10月19日に移転リニューアルオープンする。移転先は、19日に開業する複合施設、フォレストゲート代官山の1階。「代官山はブランドとして初めて出店した場所。売り上げだけを求めるなら他のエリアも重要だが、代官山には思い入れがある」と黒石CEO。

2014年にブランドを立ち上げ、代官山には16年に出店していた。旧店があったのは、鎗ヶ崎の交差点に面したビルの1階。移転リニューアルによって売り場面積は2倍に広がった。「もともと、代官山のビンテージショップをまわるのが好きで、代官山を初出店の場所に選んだ」と振り返る。現在、実店舗は代官山のほか、新宿ルミネ2、心斎橋、名古屋のタカシマヤゲートタワーモールの4店。「国内は、今後出店するとしても1〜2店」で、20年秋に出店した中国・上海の店舗は退店済み。

新店の内装は天井の配管などが剥き出しの作りで、「あえて製作途中のままのような雰囲気」に仕上げ、内装には黒石CEO自身が買い付けてきたというビンテージ家具なども使用している。オリジナルの「アメリ」だけでなく、ビューティアイテムやフレグランスなど買い付け商品もそろえる。オープンに合わせて、スキンケアブランド「ソエル」とコラボレーションした生石鹸(3800円)、美容オイル(5800円)を先行販売。また、花柄のジャカード生地をはぎ合わせたドレス(2万6400円)やリバーシブルのフード付きボアジャケット(3万5200円)は実店舗では代官山店限定(ドレスはECでは有料会員限定)で販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。