ニュース

「マーク BY マーク ジェイコブス」2015-16年秋冬NY ストリートのムード満載!パンクを自由自在にアレンジ

 「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」のショーは、芝生を全面に敷いたランウエイを用意。芝生の上を歩いてくるモデルは、ブラックのアイラインとネイルを施し、たくさんのスタッズをつけた黒のベレー帽とシューズで、さっそうと目の前を通りすぎて行く。ウエアは、ブルーと黒を基調にしたフラワープリントのドレスにいたるところにジッパーが施され、英字のロゴがプリントされている。ロゴをよく見てみると「OUR FUTURE」や「CHOICE」といった文字が書かれている。パンク・ロックのムードをベースに、スポーティーでカラフルなカラーブロッキングのユニフォーム、エポーレットの付いたオフィサージャケットを合わせるミリタリー・ルック、べロア素材のボリュームのあるスカートや丈の短いジャケットやレースといったガーリーなゴスロリ・アイテムなどを自由自在にミックスしていく。赤いチェックのスカートやパンツにスタッズを取り入れたパンク・ルックはロンドン出身のケイティ・ヒリヤー=クリエイティブ・ディレクターとルエラ・バートリー=デザイン・ディレクターにしてみれば、お手のものだ。彼女たちが就任して以来、「マークBY マーク ジェイコブス」は、よりカルチャーやストリートのムードを色濃く反映したコレクションにシフトしている。