ファッション

「マーク BY マーク ジェイコブス」2015年春夏NY 構築的なシルエットでアートを知的に遊ぶ

 クリエイティブ・ディレクターのケイティ・ヒリヤーとデザイン・ディレクターのルエラ・バートリーによる2シーズン目の「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」は、彼女たちのルーツである英国のレイブ音楽に合わせて、モデルたちが勢いよく歩いていく。グイド・パラウによるパンクなヘアスタイルが、さらに個性的な強さを引き出している。

 Tシャツとブラトップをひとつに融合したようなトップスや “NEW WORLD SYSTEM”と書かれたコットンのシャツドレスに、PVC素材の構築的なドット柄ケープやスカート、ラバー素材のストッキングやブーツを合わせるといった、天然と人工素材のコントラストがユニーク。バックステージでのインタビューでバートリーは、「今シーズンのテーマは、”ハードコア イデアリズム“。ロサンゼルスの『フェラス ギャラリー』に行き、そこで観た絵画やアーキテクチャーに影響を受けた。“NEW WORLD SYSTEM”もそのひとつ」とコメント。異素材をランダムに組み合わせたアシンメトリーなデザインがアートのようでもあり、パンクのようでもあり、ストリートのようでもある。彼女たちのカルチャーが凝縮されたコレクションだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら