ファッション

「マーク BY マーク ジェイコブス」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクション 

 

ヘアは毛先までしっかり編んだ三つ編みに黒のヘアバンド。アイライナーとたっぷりのマスカラで強調したアイメイクはどこか野暮ったさが残り、ティーンエイジャーが初めてメイクをしたときのような初々しさが残る。2014-15年秋冬の「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」は、まるでコミックから飛び出てきたような典型的なスクールガールがモチーフだ。

ヘアのリードアーティスト、グイド・パラウは「今回のおさげは、可愛らしさや無垢の象徴ではない。むしろ若さゆえに少し反抗的な、クールでパンクな『マーク BY』の女の子のイメージそのものとして使っている。マンガのキャラクターや映画『アダムス ファミリー』のウェンズデーがイメージに近いかな」。

メイクはグローバルブランド「SHISEIDO」のメイクアップラインのアーティスティック・ディレクター、ディック・ページ。「黒の囲み目でパンキッシュな『マーク BY』の女の子を表現した」とディック。

ネイルは「ヴォーグ(VOGUE)」「ハーパース バザー(Harper's BAZAAR)」などの表紙も手掛けるマニキュアリストのエリサ・フェリー。13年8月にデビューした「マーク ジェイコブス ビューティ」のネイルコレクションから、硬質な輝きを放つトップコート「シャイニークリア」をチョイスした。

ヘア:グイド・パラウ(レッドケン)
メイク:ディック・ページ(SHISEIDO)
ネイル:エリサ・フェリー(マーク ジェイコブス ビューティ)

2014-15年秋冬ニューヨークコレクション関連記事

BACKSTAGE

 

ヘアは毛先までしっかり編んだ三つ編みに黒のヘアバンド。アイライナーとたっぷりのマスカラで強調したアイメイクはどこか野暮ったさが残り、ティーンエイジャーが初めてメイクをしたときのような初々しさが残る。2014-15年秋冬の「マーク BY マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」は、まるでコミックから飛び出てきたような典型的なスクールガールがモチーフだ。

ヘアのリードアーティスト、グイド・パラウは「今回のおさげは、可愛らしさや無垢の象徴ではない。むしろ若さゆえに少し反抗的な、クールでパンクな『マーク BY』の女の子のイメージそのものとして使っている。マンガのキャラクターや映画『アダムス ファミリー』のウェンズデーがイメージに近いかな」。

メイクはグローバルブランド「SHISEIDO」のメイクアップラインのアーティスティック・ディレクター、ディック・ページ。「黒の囲み目でパンキッシュな『マーク BY』の女の子を表現した」とディック。

ネイルは「ヴォーグ(VOGUE)」「ハーパース バザー(Harper's BAZAAR)」などの表紙も手掛けるマニキュアリストのエリサ・フェリー。13年8月にデビューした「マーク ジェイコブス ビューティ」のネイルコレクションから、硬質な輝きを放つトップコート「シャイニークリア」をチョイスした。

ヘア:グイド・パラウ(レッドケン)
メイク:ディック・ページ(SHISEIDO)
ネイル:エリサ・フェリー(マーク ジェイコブス ビューティ)

2014-15年秋冬ニューヨークコレクション関連記事

FRONT ROW

 

「マーク ジェイコブス(Marc Jacobs)」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクションでは、モデル兼ミュージシャンのスカイ・フェレイラ(Sky Ferreira)やミュージシャンのジョー・ジョナス(Joe Jonas)、彫刻家のレイチェル・ファインスタイン(Rachel Feinstein)、アーティストのジョン・カリン(John Currin)らが来場した。「このショーは見たかったし見逃せないと思った。この大雪でしょ。スノーブーツかパンプスか迷ったけど、ウーバー(配車サービス)があるから助かったわ」とファインスタイン。
アレクサ・チャン(Alexa Chung)やアトランタ・デ・カデネット(Atlanta de Cadenet)、ラッセル・シモンズ(Russell Simmons)などもショー会場に姿を現した。

マーク ジェイコブス 2014-15年秋冬コレクション 全ルック

マーク ジェイコブス 2014-15年秋冬コレクション 速報レポート

マーク ジェイコブス 2014-15年秋冬コレクション バックステージレポート

【関連記事】
椎名林檎が「マーク ジェイコブス」のショーに来場
マーク ジェイコブス ジャパンが公式オンラインストアを開設

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら