ニュース

「ケイスリー・ヘイフォード」2015-16年秋冬ロンドンメンズ 進化するグランジレイヤード

 「ケイスリー・ヘイフォード(CASELY HAYFORD)」のグランジが進化している。これまで裾に別の生地を貼り付け、“それ1着で重ね着しているように見える”洋服を生み出していた親子デュオは今シーズン、実際薄かったり、軽かったりのアイテムを何着も重ねることで、現代に生きる戦士のように強いスタイルを生み出した。今シーズンは、ミンクやムートン、テディベアでおなじみのシュタイフ社が生み出したフェイクファー、ボアなど、存在感とボリュームたっぷりの素材から迫力あるアウターを生み出し、“一点豪華主義”的なスタイルを提案するブランドが多いが、リアルなのは「ケイスリー・ヘイフォード」の方だろう。

 レイヤードスタイルを生み出すに際して欠かせないのは、各アイテムの丈の長さだ。半年前の春夏は「ひざ上」が1つの基準だったが、秋冬は「ひざ下」がポイント。特に面白いのは、ウィメンズで言うところの「ミッドカーフ(ふくらはぎの真ん中)」もしくは「ミモレ(同じ意味)」丈まで伸びたフーデッドスエット。ニットやスエットの上にこのアイテムを重ね、さらにジャストひざ丈のチェスターコートやモッズタイプのフーデッドコートを羽織り、スタイルを完成に導く。

 全体的にダークトーンのコレクションでインパクトを放ったのは、フューシャピンクなどのショッキングカラーと、フリースにのせられたテクノ模様。かすれたチェックはメランジュニットと組み合わせると違和感なく溶け込み、重ね着しているのに、いとも簡単に全体のスタイルが調和する。