ビジネス

ナイキ、23年5月通期は増収減益 在庫処理やコスト上昇が利益を圧迫

ナイキ(NIKE)の2023年5月通期決算は、売上高が前期比9.6%増の512億1700万ドル(約7兆3752億円)、EBIT(利払前・税引前利益)は同9.6%減の61億9500万ドル(約8920億円)、純利益は同16.1%減の50億7000万ドル(約7300億円)だった。減益の理由として、在庫処理のための値下げ、生産および物流コストの上昇、為替レートの影響などがあるという。

ブランド別に見ると、「ナイキ」が同9.7%増の487億6300万ドル(約7兆218億円)、「コンバース(CONVERSE)」は同3.5%増の24億2700万ドル(約3494億円)だった。

地域別の売上高では、北米が同17.7%増の216億800万ドル(約3兆1115億円)、欧州・中東・アフリカは同7.5%増の134億1800万ドル(約1兆9321億円)、中国(中国語圏)は同4.0%減の72億4800万ドル(約1兆437億円)、中国を除くアジア太平洋地域と中南米が同8.0%増の64億3100万ドル(約9260億円)だった。なお、四半期ベースで見ると、3〜5月期(第4四半期)には中国市場が持ち直し、前年同期比15.9%増の18億1000万ドル(約2606億円)となっている。

ジョン・ドナホー(John Donahoe)社長兼最高経営責任者は、「好調な業績は当社の戦略が奏功していることを示している。当社はスポーツの未来に貢献することでバリューを生み出しており、イノベーションへの投資とデジタル領域におけるリーダーシップによって、幅広い分野での成長を実現した」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。