ファッション

「ERL」のイーライ・ラッセル・リネッツが「ピッティ」ゲストデザイナーに

 イタリア・フィレンツェのメンズ見本市ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO以下、ピッティ)は、6月13日~16日に開催するで第104回のゲストデザイナーに、「ERL」を手掛けるイーライ・ラッセル・リネッツ(Eli Russell Linnetz)を招待する。

 リネッツはカリフォルニア出身で、6月14日にファッションショー形式で「ERL」2024年春夏コレクションを発表するほか、ファッションやデザイン、ライフスタイルをクロスオーバーさせたプロジェクトも実施する。

 ピッティのコミュニケーション&イベントディレクターを務めるラポ・チャンキ(Lapo Cianchi)は、「文化やジェンダーへの言及を意識した折衷主義、ビジネスセンスと自由な創造性を融合させる才能、古今東西のアメリカン・クリシェの独創的かつ皮肉や不遜な姿勢による再解釈。これらは、私たちがイーライ・ラッセル・リネッツのプロフィールを見て興味を持ち、彼をフィレンツェに招きたいと思った要素だ。イーライは、カリフォルニアの太陽のような躍動感溢れる世界を創り上げている」とコメント。

 リネッツは「私より先にこの道を歩いた長い英雄のリストに加わることに大きな興奮を覚えている。巨人の列に加わるためにカリフォルニアの波が空高く舞い上がり、フローレンスに砕け散る。ルネッサンスとマジック発祥の地――美しいものは、何もないところから生まれる。旅の続きは、魔法のメガネで覗いてみてほしい」と独特な表現で喜びを語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。