ファッション

「ヴェルサーチェ」がアカデミー賞直前のLAでファッションショー ゴールデンエイジのグラマラス再び

 「ヴェルサーチェ(VERSACE)」は3月9日、米ロサンゼルスで2023-24年秋冬のファッションショーを開催した。

 ドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)はショーに先駆けて、「私にとってロサンゼルスは、ブランドのDNAと同じエネルギーやパワー、クリエイティビティを持つ親しみ深い場所。このショーを通して、こうした価値観を世界中の人々と共有したい」と話している。アカデミー賞の直前にハリウッドで開かれたショーには、エルトン・ジョン(Elton John)やシェール(Cher)、マイリー・サイラス(Miley Cyrus)やアン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、デュア・リパ(Dua Lipa)、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)、リル・ナズ・X(Lil Nas X)、日本からはローラや仲里依紗、コムドットが訪れ、華やかだ。

 ファーストルックのモデルは、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)。ストレートなショルダーラインにアワーグラスのシルエットというテーラードジャケットにペンシルスカートのスタイルで現れた。ボタンには、ブランドのアイコンのメデューサ。強さとグラマラスなムード、エレガンスを感じるブラックスーツだ。そして「ヴェルサーチェ」のフェイバリットモデルの1人、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)も登場。こちらは装飾をあしらったブラックドレスだ。日が沈んだ後のLAに現れたのは、ドレープの光沢が美しい、ターコイズやピンクなどのミニドレス。2000年代前半のカラーパレットにキャメルやアプリコットが印象的だった。

 メンズも90年代の影響が強く、エレガントなテーラードジャケットにワイドなパンツ。豪華絢爛なタンクトップや、黒のスカートも現れた。ショーのラストは、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)。ブラックのミニドレスに煌めくグリッターのケープ、クラシカルなピンクサテンのバレエシューズのようなパンプス姿だ。ブランドにとってのゴールデンエイジのグラマラスな魅力と現代的なスタイルがクラッシュして生まれたスタイルは、ハリウッドのエネルギーの影響も受けたという。きっと「ヴェルサーチェ」をまとう人は、自分らしく生きる事で得られる自信に満ちたパワーを感じ取ることが出来るだろう。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。