ファッション

ファレル・ウィリアムスが「ルイ・ヴィトン」メンズ・クリエイティブ・ディレクターに決定! ヴァージル・アブローの後任として

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は2月14日、ミュージシャンで起業家のファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)を新たなメンズ・クリエイティブ・ディレクターに任命した。2021年11月に急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の後任。6月のパリ・メンズ・ファッション・ウイークで初のコレクションを披露する予定だ。

 ファレルは、音楽やアート、ファッションなど多彩なフィールドで活躍するとともに、クリエイティブな世界のさまざまな境界を打ち破り、グローバルなカルチャーアイコンになった。そんな彼が率いることにより、 「ルイ・ヴィトン」は“カルチュラル・メゾン(文化的なメゾン)”として地位を強化する。また、そのマルチな経歴は、「ルイ・ヴィトン」と自身のブランド「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」での仕事と並行して、DJとして活動したり、アートや家具などのプロジェクトを手掛けたりしてきたヴァージルと似ている。事情通の関係者によると、ファレルは今後、3分の1の時間を同ブランドでの仕事に充てる見込みだという。

 今回の人事は、2月1日付で着任したピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)会長兼最高経営責任者(CEO)にとって初めての大きな決断だ。声明の中で、ベッカーリ会長兼CEOは「04年と08年の『ルイ・ヴィトン』とのコラボレーションを経て、ファレルを新たなメンズ・クリエイティブ・ディレクターとして迎えられたことをうれしく思っている。ファッションの枠を超えた彼のクリエイティブなビジョンが、『ルイ・ヴィトン』を新たな飛躍へと導くことは間違いないだろう」と述べた。

 なお、関係者によると、ファレルはブランドアンバサダーを務めていた「シャネル(CHANEL)」との契約は終了したが、14年から長期的なパートナーシップを結んでいる「アディダス(ADIDAS)」との契約は継続するようだ。また、2月20日にロンドンで発表される「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」のコラボレーターとしても、名を連ねている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。