ファッション

「モンクレール」70周年コラボ ラストはファレル・ウィリアムスによる136万円超えのラバー製ジャケット

 「モンクレール(MONCLER)」は、創業70周年記念プロジェクトの一環としてスタートした、“マヤ ジャケット(Maya Jacket)”を再解釈するデザイナーコラボレーションのラストとしてファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)との“モンクレール マヤ 70”を11月26日に発売する。

 コラボアイテムの“モンクレール マヤ 70 バイ ファレル・ウィリアム”は、型押しのポリマー素材にエンボス加工した小さなブランドロゴを散りばめたデザインが特徴だ。ファレルは、「これまでの70年間をどのように定義するかを考え、代表的な“マヤ ジャケット”に自分なりのひねりを加えた。オールラバーの案は最初から考えていた」とコメント。国内での販売は銀座と青山、神戸、難波に構える「モンクレール」旗艦店と主要セレクトショップで行う。価格は136万2900円(税込み)。

 キャンペーンには、ラッパーで歌手のトビー・ノウィーグェ(Tobe Nwigwe)が登場し、公式サイトなどではキャンペーン動画やインタビュー付きの舞台裏シーンも公開している。トビーの大ファンだというファレルは、今回のジャケットをロックに着こなしてくれる唯一の人物と紹介する。

 創業70周年を記念したこのビッグコラボレーションは、10月15日から毎週発売を続け、今回が最後となる。これまでには、「パーム・エンジェルス(PALM ANGELS)」のフランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)やトム・ブラウン(Thom Browne)、藤原ヒロシ、リック・オウエンス(Rick Owens)、ジャンバティスタ・ヴァリ(Giambattista Valli)、 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)がそれぞれリデザインした“マヤ ジャケット”を発表し、話題を集めた。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。