ビジネス

ゴールドウイン、富山県南砺市に自然と遊ぶ公園 26年中に

 ゴールドウインは、富山県南砺市に自然と遊ぶ公園「ゴールドウイン プレイアースパーク(GOLDWIN PLAY EARTH PARK)」を2026年中に開くと発表した。プレイアースパークは21年に打ち出した大型プロジェクト。スポーツウエアやアウトドアウエアの製造・販売とは異なる新しい事業領域に進出する。

 18日に創業地である富山県小矢部市のゴールドウイン富山本店で、西田明男会長、渡辺貴生社長、富山県の新田八朗知事、南砺市の田中幹雄市長が登壇し、記者会見を行った。新田知事は「官民連携は県の成長戦略の柱」と語り、県としての支援を約束した。

 南砺市に完成予定の「プレイアースパーク ネイチャリング フォレスト(PLAY EARTH PARK NATURING FOREST)」は、山間部にある桜ヶ池の周辺を造園する。桜ヶ池は周囲約3kmの人造湖だが、サップや釣りの人気スポット。世界遺産の白川郷や五箇山にも近い風光明媚な場所で、砺波平野を一望することができる。東海北陸自動車道の出入り口からも近く、自動車のアクセスにも恵まれている。

 ここにキャンプ場、フラワーパーク、農園、レストラン、アウトドアアクティビティ施設などを段階的に設けていく。周辺地域とも連携し、クライミングやトレッキング、冬季にはスノースポーツなども含めて、さまざまな体験を提供する。ゴールドウインが「ザ・ノース・フェイス」「ヘリーハンセン」「ゴールドウイン」などのアウトドアスポーツ事業やスノースポーツ事業で培ってきた知見とネットワークを投入する。西田会長は「物販だけでなく、コトやサービスといった時間消費にも取り組む。特に子供に楽しんでもらえる場所にしたい」と話した。

 地権者との交渉が進行中のため、開発面積などは現時点では明らかにされていないが、渡辺社長は「国内にはない規模とコンテンツを作る」と自信を見せる。南砺市が地権者との交渉などを取りまとめた上で、ゴールドウインに土地を貸す。

 同社が21年に発表した、2030年までの中期ビジョンでは、自然と触れ合う拠点を作るプレイアースパークのプロジェクトに50億〜100億円を投じるとした。南砺市の取り組みは第1弾となる。現在、県内の他のエリアでも造園の候補地を探している。南砺市は13年から「エコビレッジ構想」に取り組んできた。エコビレッジ構想とは、小さな循環を重ねた暮らしを指し、豊かな自然を生かした地域活性化を推進してきた。プレイアースパークの考えに共鳴し、1月19日付で市役所内に推進室を設けてバックアップする。

 渡辺社長は南砺市の桜ヶ池について「美しいだけでなく、山の自然と人の暮らしが密接で、素晴らしい里山文化を築いてきた。自然と遊び、自然から学ぶプレイアースパークの場所として最適だ。まず26年に“ネイチャリングガーデン(キャンプ場、フラワーパーク、農園など)”からオープンし、10年くらいの年月をかけて段階的に施設を広げていきたい」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。