コレクション

「ディオール」2016-17年秋冬パリ・コレクション

REPORT

パンツはナシ。フェミニンなスカートでつなぐメゾンのバトン

 「ディオール(DIOR)」は、オートクチュールに続いてプレタポルテもアーティスティック・ディレクター不在のまま、デザインチームによるコレクションを発表した。

 会場は、ルーブル美術館敷地内に建てたテントで、ラフ・シモンズによるラストコレクションとなった先シーズンと変わらない大きさと豪華さ。鏡張りの壁がランウエイと客席を映し出す空間は、メゾンの過去と未来をつなぐタイムトンネルのようでもある。アーティスティック・ディレクター不在でも、アトリエがある限りメゾンのバトンの受け渡しが途切れることがないことを示唆しているようだ。

 コレクションの内容は、フィナーレにアトリエ代表として登場した2人の若い男女のデザイナーが象徴するように、若さとリアリティーを感じるもの。ファーストルックは柔らかい黒のウールのバージャケットとスカートのセットアップ。中にはサテンのジップアップドレスを合わせてスポーティーマインドを加える。続く黒のシリーズは、黒の生地に黒の刺しゅうを施したり、黒のキルティングで切り替えるなど控え目に主張をする。

 ボトムスはすべてスカートでパンツはゼロ。その多くが裾が揺れるフェミニンなミニ丈のスカートである。ウールのセットアップやベルベットのワンピースで上品にまとめつつ、裾をアシンメトリーにしたり、オフショルダーにしたりと、どこかにハズシをプラスすることで若さにつながっている。花やヒョウといったアイコニックなモチーフは、手描きのペイントや刺しゅうで随所に取り入れた。

 バッグは、太いストラップをアクセントにした横長のタイプなどカジュアルで実用的なものが並んだ。

LOOK

 

BACKSTAGE

 

FRONT ROW