ファッション

「マックスマーラ」が表参道に旗艦店をオープン 新たな顧客に向けたブランドの発信拠点に

 「マックスマーラ(MAX MARA)」は11月19日、東京・表参道に新たなフラッグシップショップをオープンした(東京都渋谷区神宮前5-2-5)。同ブランドは、南青山五丁目の骨董通りの角にも2フロアからなる店舗を構えており、表参道・青山エリアで2つ目の旗艦店となる。新店では、アプリやテクノロジーを生かした施策やキャンペーンも実施予定で、ブランドのストーリーや魅力を新たな顧客に向けて発信する拠点としても活用していく。

 イタリア人建築家のアンドレア・トニョン(Andrea Tognon)が手掛けたタワーは、空に向かってそびえ立つような流線形の構造が特徴。敷地面積は400平方メートルで、6層のうち4フロアが店舗になっている。内装は、マットな黒のメタル製の天井やフレーム、輝くパンチングメタルの階段、セメントと金属を用いた什器、鏡のように反射するパネルで囲まれたフィッティングルームなどさまざまな質感をミックスし、モダンな雰囲気を演出。床も、赤のトラバーチンとセメントやカーペットをグラフィカルに組み合わせ、フロアごとに異なる印象に仕上げている。

 そんな空間に並ぶのは、 “101801”や“テディベア”“マニュエラ”“リュドミラ”といった種類豊富なアイコンコートを筆頭に、ニットやドレス、アウター、テーラリング、バッグやシューズをはじめとするアクセサリーなど、カジュアルからフォーマルまでを網羅するラインアップ。現在1階にはミラノ・ファッション・ウイークでのショーで発表された2022-23年秋冬コレクションが並び、2、3階には「マックスマーラ」に加え、「エス マックスマーラ('S MAX MARA)」や「マックスマーラ アトリエ(MAX MARA ATELIER)」のアイテムもそろう。また4階では、より若々しくエッジの効いた「スポーツマックス(SPORTMAX)」のウエアやアクセサリーを扱う。

 オープンを記念して、表参道店限定のTシャツ(6万500円)と、同店とEC限定のレザー製ストラップ付きマルチケース(7万4800円)を用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。