ファッション

「サルヴァトーレ フェラガモ」2016-17年秋冬ミラノ・コレクション

REPORT

ジグザグやシマシマ、トゲトゲで作る「サルヴァトーレ フェラガモ」の楽しく着たい服

インビテーションに描かれていたのは、オレンジや赤みのあるパープル、くすんだライトブルーといった鮮やかな色で描いたジグザグのグラフィックアート。これを持ちショー会場に入ると、同じく赤やフューシャピンク、黄色、水色を使ったストライプのフロアが入り口からランウエイへと続く。インスピレーションソースとなったのは、1920〜30年代のシンプルなシグナルアート。さらにバウハウスやダダイズムにも影響を受け、ストライプの“シマシマ”や山型の“ジグザグ”、3Dで作る“トゲトゲ”といったキーモチーフを、ダブルフェイスのカシミアコートやポンチョコート、フレアスカートなどに採用した。注目したいのは、ブランドには珍しい大胆な柄使いだけでなく、素材のミックスの仕方やひねりのあるデザイン。このアイテムを着こなす以上に、楽しんで着たいと思わせるマッシミリアーノ・ジョルネッティ=クリエイティブ・ディレクターのプレイフルなこだわりが落とし込まれている。

 腕部分を3分割するように、3種3色のニットをつなぎあわせ、大きなボタンをポイントに止めたニットウエアは、とてもユニーク。スカートとレザーベルトにはプリーツを施し、飽きのないスタイルを見せた。また太ストライプを描くスカートは、実は赤、ピンク、黒、白などそれぞれの色のカシミア生地を張り付けたパネルスカート。さらに、サイドをジグザグに切り、山型部分を重ねることで、“トゲトゲ”のラインを加えた。また、Iライン×太ストライプできれいなシルエットを描くセットアップも、パネル仕立て。裾をくるんと内側にして輪っかを作ることで、パネルの動きに重みをつけている。シンプルなオールブラックでも、大胆な色使いでも、決して邪魔にならないひねりが、今シーズンのプレイフルなトレンドを後押しする。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら