ビューティ

ポーラ恒例「美肌県グランプリ」発表 2022年の総合1位は3連覇達成の石川県

 ポーラは11月10日、恒例の「美肌県グランプリ」を発表した。総合部門の1位は石川県で3年連続の受賞。2位は秋田県、3位には山形県がランクインしている。

 今回は総合部門のほか、「水分量」「コラーゲン」「皮脂毛穴レス」「エイジング毛穴レス」「しみレス」「キメ」「黄ぐすみレス」「透明感」「ニキビレス」「ストレス耐性」「ホルモンバランス」「タフ肌」「皮脂バランス」「肌ポテンシャル」など、14の部門を設け選定している。

 3年連続で総合1位を獲得した石川県は、水分量部門、透明感部門、肌ポテンシャル部門でも1位に選出。2位の秋田県は「キメ」と「タフ肌」の部門で2位、「コラーゲン」「しみレス」「肌ポテンシャル」の部門で3位を獲得するなど、総合的に肌状態が良くランクインした。3位の山形県は「黄ぐすみレス」部門で2位、「透明感」で3位を獲得。特に肌老化を誘発する糖化が少なく、透明感のある肌の人が多かったという。

 2012年から続く同企画は、パーソナライズドサービスブランド「アペックス(APEX)」が保有する約2000万件の肌のビッグデータを活用し、県ごとの肌データを集計・比較し選定。12年から4年連続で1位を獲得していた島根県が“美肌NO.1”の称号を観光資源として観光客誘致のプロモーションを行うなど、業界外でも広く注目される名物企画となっている。

 各部門賞の1位は以下の通り。

水分量部門…石川県     
コラーゲン部門…広島県
皮脂毛穴レス部門…島根県
エイジング毛穴レス部門…富山県
しみレス部門…岩手県
キメ部門…滋賀県
黄ぐすみレス部門…群馬県
透明感部門…石川県
ニキビレス部門…広島県
ストレス耐性部門…沖縄県
ホルモンバランス部門…宮崎県
タフ肌部門…宮崎県
皮脂バランス部門…和歌山県
肌ポテンシャル部門…石川県

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。