ファッション

ビームスが東京・下北沢「リロード」にZ世代社員6人によるポップアップストアをオープン

 ビームスは、東京・下北沢の商業施設「リロード(RELOAD)」にポップアップストア「ボーダーレスショップ バイ ビームス(BORDERLESS SHOP BY BEAMS)」をオープンした。期間は10月13日まで。

 同ポップアップストアは、2018年にビームスに入社した6人が社内事業コンテスト「TANE.MAKI プレゼン大会 2021」に提案して採用されたもの。同社は、「Z世代のメンバーならではの感覚で、性別やジャンルなど、さまざまなボーダーを取り払った商品構成が特徴だ」と説明する。

 メンバーが30以上あるビームスのレーベルを横断して、服や雑貨をキュレーション。さらに高円寺の古着店メチャでセレクトした古着や、アパレルとアートを手掛けるブランド「ルーパス(RUPASS)」に別注した商品などを並べる。「既存レーベルの商品を自由に組み合わせることで、新たな発見を促す」という。

 内装は、架空の大学“ボーダーレスカレッジ”に通う大学生の部屋がテーマで、レコードやアート、自転車などをディスプレーする。

 メンバーの石井歩夢は、「われわれ6人は普段、それぞれ違う部署で働き、趣味や嗜好も異なるが、全員が“枠組みにとらわれずに自由に生きたい”というボーダーレスな志を持ち、共感し合って結束した。一番伝えたいメッセージは、“誰がどんな服を着てもいい”ということだ」と述べ、ビームスは「今後も『ボーダーレスショップ バイ ビームス』を継続していく」と話す。

■ボーダーレスショップ バイ ビームス
日程:10月3〜13日
時間:11:00〜21:00(最終日は18:00まで)
場所:リロード
住所:東京都世田谷区北沢3-19-20

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。