ファッション

「くら寿司」×ビームス 大豆ミートナゲットなどコラボメニューを展開

 大手回転寿司チェーンの「くら寿司」は、ビームスの自社ブランド「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」と協業し、9月2〜30日の期間限定でコラボメニューを販売する。

 メニューは、代替肉として広まる大豆ミートを用いた「ソイナゲット」(380円)と、サーモンやアボカド、エビマヨといった具材を規格外のニンジンを薄く加工したベジシートで巻いたロール寿司(各220円)など。食品ロスの削減や畜産業が与える環境負荷を軽減することを意識して開発した。健康や環境に関心の高い消費者にもアピールする。すべてのコラボメニューは、ビームスのブランドカラーであるオレンジの専用敷シートに乗せて提供する。

 期間中、くら寿司京都店では、「ビームス ジャパン」が企画したオリジナル法被(はっぴ)を店員が着用する。京都の枯山水の波紋を表現したデザインで、左胸には本企画のために制作した「びーむすじゃぱん」のロゴを配した。また同店限定で、オレンジをベースにしたオリジナルのエコバッグを先着順で配布する。

 今回の取り組みは、「ともに日本文化の魅力を世界に発信しているという共通点と、くら寿司のSDGsに向けた取り組みにビームスが共感したことで実現した」と広報担当者。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。