ビジネス

三菱電機が「メトアギンザ」でエコな未来の可能性を学ぶ体験型イベント バーチャル乗車体験や分身ロボットの遠隔操作などのアトラクションも

 三菱電機は、イベント「そだてるタウン ― クリーンエネルギーは分けあえる!? みんなで街を輝かせよう ―」を体験型施設「メトアギンザ(METoA Ginza)」で2023年1月17日まで開催中だ。

 イベントでは、企画展示と4つの体験型アトラクションを用意し、太陽光発電や風力発電などのクリーンエネルギーによるサステナブルな未来の可能性を学ぶことができるという。企画展示エリアでは、巨大スクリーンに映し出された仮想都市「そだてるタウン」で発生するさまざまなミッションをゲーム感覚で体験できる。

 このほかには、東京上空を移動するバーチャル乗車体験や、分身ロボットの遠隔操作、駅と街のガイドアプリ「エキノート(ekinote)」を使って街を“育てる”など、これらのアトラクションを通して三菱電機の製品やテクノロジーに触れることができる。

 イベントの開催に合わせて、同施設内の「メトア カフェ&キッチン」では限定メニューを提供する。野菜やスーパーフードをメインにしたフードやコーヒーなどに加えて、新たにアップルコンポートパンケーキ(税込1408円)をラインアップする。

■イベント
期間:2023年1月17日まで
場所:メトアギンザ (1〜3F)
住所:東京都中央区銀座5-2-1
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。