ファッション

初メンズの「シモーン ロシャ」やLVMHプライズ受賞の若手が飛躍 ロンドンで注目すべき6ブランド

有料会員限定記事

 9月16~20日(現地時間)、2023年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウィーク(London Fashion Week以下、LFW)が開催された。エリザベス女王の服喪期間とあってパーティーは中止されたが、リアルのショーは継続。「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE以下、LVMHプライズ)」受賞歴のある若手デザイナーから、くすぶっていた中堅、久々にカムバックを果たしたベテランまでをダイジェストで振り返る。

メンズを初披露の「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)

 今季のLFWで最も盛大なスタンディングオベーションを獲得したのは「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)」だ。中央刑事裁判所を会場に行ったショーで、ウィメンズに加えて初となるメンズコレクションを披露した。メルヘンで脆い少女性を持った世界観は変わらないが、男性服のユーティリティの要素をハーネスやストリングから引用し、ボンバージャケットやバルーンのように膨らんだドレスに異なるボリュームを与えて変幻自在に多様なシルエットを描く。メンズコレクションをスタートするにあたって焦点を当てたのは、仕立ての良いジャケットとミリタリー。曲線的なアウトラインのフェミニニティ、と実用性に長けたマスキュリニティが心地よく協奏した。男女で共有したペチコートやベールは体を保護し、タフさが増したルックにロシャらしい甘味なスパイスを与える。

 メンズをスタートさせた経緯を、「すごく自然なことだった」とロシャは話す。「昨シーズン、男性モデルにウィメンズウエアを着用させたことで、既存の物語に新たな展開を与えるためのエネルギーを得られた。過去10年間に女性のために行ってきた全てのことの対比について考え、男女の間でこの世界がどのように交錯するのかを見たいと思った」と続けた。愛や喜びといった甘美の中に、解体したコルセットや異素材を繋ぎ合わせたラッフルには何かに反抗する怒りが感じられ、チュールがふわりと揺れる度に感情の粒が空間に浮遊した。メンズウエアの制作が影響して強さが増したクリエーションは、見る者のさまざまな感情を喚起して、ショーは盛大な歓声で閉幕。ここ数シーズンは現状維持で、大きな変化が見られなかった印象だが、早くも次シーズンを期待させてくれる前進ぶりだ。「過去2年間はブラックホールにはまったようだった。抜け出すために不快な感情を洋服に転換させて、美学を強化するために活用した。前進したいという切迫した感覚が今季の源にある」とロシャは説明した。不快な感情と向き合い、掘り下げることで、精神と美学を向上させることもあるようだ。痛みは伴うが、価値があると彼女が証明した。

この続きを読むには…
残り3090⽂字, 画像41枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。