ファッション

伊藤忠が「バブアー」の独占輸入販売権を取得 

 伊藤忠商事は8月9日、英ブランド「バブアー(BARBOUR)」の日本での独占輸入販売権を取得したと発表した。4月1日に設立したバブアー パートナーズ ジャパン(東京都、濱田博人社長)を通じて2022-23年秋冬から販売する。

 「バブアー」は八木通商傘下のスープリームスインコーポレーテッドが展開してきたが、三井アウトレットジャズドリーム長島店と御殿場プレミアム・アウトレットの2店舗を除き、国内の店舗を一斉に閉店。公式オンラインストアも2月24日にクローズしていた。メンズに加えてウイメンズなどのウエア全般の商品を拡充し、5年後に100億円(小売り換算)の売り上げを目指す。

 「バブアー」は1894年にスタート。冷たい雨風をしのぐためのワックスコーティングのスポーツジャケットに加え、八木通商が日本市場向けの商品開発に注力し、日本でも高感度層を中心に支持を広げていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。