ビューティ

“メイクの遊び場”をうたう「ヴァレンティノ ビューティ」旗艦店 楽しさを生む仕掛け

 「ヴァレンティノ ビューティ(VALENTINO BEAUTY)」は昨秋日本に初上陸しました。ここ数年続いたファッションブランドのコスメ参入の中でも、ロレアルとのライセンス契約である点やレディ・ガガ(Lady Gaga)の起用などで注目度が高く、ファッション好きからもコスメ好きからも着実に支持を集めています。この春東京・表参道にオープンしたフラッグシップショップは、欧米を中心に世界に36あるショップの一つで、日本は韓国とほぼ同時期のショップオープンとなったそうです。メイクアップとフレグランスの全ラインアップがそろう国内唯一のショップを体験し、人気の秘密を探りました。

ピエール・パオロピッチョーリによる特別なピンク

 ブランドカラーには、「ヴァレンティノ」のピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエイティブ・ディレクターがビューティのために作ったピンクがかった赤を用いています。ファッションでは真紅の赤が印象的ですが、ビューティの店舗ではこの特別な赤が映えるピンクの内装となっているそうです。店内のデザインは硬い黒と柔らかいピンクの組み合わせで、“クチュールとストリートのクラッシュ”をテーマとする「ヴァレンティノ ビューティ」ならではの世界観。ビューティとファッションをつなぐことを大切にしており、壁面を飾る写真もピッチョーリ=クリエイティブ・ディレクター自ら撮影したもの。

ライブ配信やセルフィー用のフォトブースを設置

 店内にはライブ配信やセルフィー撮影ができるスタジオが設置されています。ミラーにブランドロゴを施すなど“映える”スペースとなっており、写真を撮って帰るお客さまも多いとか。「ヴァレンティノ ビューティ」は“ストアはラグジュアリーな遊び場、オンラインは手に広がるアトリエ”とうたっており、シームレスなショッピング体験に力を入れています。店内には至る所にオンラインショップへの入口としてQRコードが設置され、オンラインカウンセリングや色選びのコツなどのコンテンツも充実しています。店舗で刺激されたクリエイティビティを自宅でも発揮してメイクを楽しむことができます。

メイクを一緒にクリエイトする“ドリームクルー”

 「ヴァレンティノ ビューティ」では、美容部員をドリームクルーと呼びます。夢の体験をしてもらうという意味があるそうです。ドリームクルーの制服はピッチョーリ=クリエイティブ・ディレクター監修によるもので、ボンバージャケットやスウェットなど数パターンある中からドリームクルー自身が組み合わせて思い思いのヘアスタイルやメイクとともに個性を表現しています。店内には全身鏡があり、メイク込みでファッションを楽しむこと、その人なりの美を突き詰めてほしいという思いを伝えています。タッチアップでは、シルバーとゴールドのアクセサリーから好きな方を選んで、それに合ったメイクも提案してくれます。

店頭限定のギフトラッピングサービス

 店頭だけのサービスとして、トートバッグとロゴ入りの赤いリボンで包装するギフトラッピング(有料)が人気。リボンにはセラミックの留め具がついていて、好きなフレグランスを吹き付けてディフューザーとして香りを楽しむこともできるそう。バッグはエコバッグとしてなど使い道があり、それ目当てのお客さまもいるとか。「ヴァレンティノ ビューティ」は、サステナビリティに配慮して製品設計を行なっており、リップやパウダー系もレフィル対応の製品が多くあります。店舗設計も可変式の什器を使用して、廃棄を軽減している点も注目です。

人気No.1は意外にもベースメイクアイテム

 店頭で最も人気が高いのは、化粧下地としてもハイライトとしても使える“Vライター”(25mL、税込7040円)。リキッドタイプでソフトなパール感が肌に艶を与えます。マスクから出ている肌にちょこっと付けするなど、マルチに使えるのがブランドらしいアイテムです。カラーメイクでは目元と頬のマルチに使える“アイ2チーク”(税込7040円)のギフト需要が高く、フェイスパウダーとリップスティックをセットしたブランドのアイコン的アイテム“GOクラッチ & ミニロッソ”(税込2万4970円)も定番で人気があるそうです。

 現在、同店ではリップコレクション“ロッソ ヴァレンティノ”の発売を記念して、期間限定で“COLOR YOUR SUMMER DAY”キャンペーンを実施中です。ヌードカラーのリップコレクションにインスパイアされた特別なウインドーディスプレーは8月末ごろまでなのでぜひチェックしてください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら