ファッション

元「ソフ」代表の清永浩文がJリーグのクリエイティブ・ディレクターに就任

 自身が立ち上げたメンズブランド「ソフ(SOPH.)」の代表を今年6月に退いた清永浩文が7月26日、SNSを更新し、「8月1日より公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のクリエイティブ・ディレクターに就任します」と発表した。

 清永はSNSの中で、「サッカーとのつながりの原点は『ソフ』を創業した1998年。その年、日本代表が初めて本大会に出場したW杯フランス大会を現地観戦。目に焼き付いたのはピッチ上で最高峰のサッカーを体現する選手たち、スタジアムに圧倒的な熱量をもたらす各国のサポーター、街角で自国のユニフォームを日常着のように颯爽と着こなす人々の姿。『この情景を日本でも作りたい』。そんな思いとともに、99年に架空のサッカークラブをモチーフにしたアパレルブランド『エフシーレアルブリストル(F.C. REAL BRISTOL)』を立ち上げ、同年、地元の大分トリニータのスポンサードも開始。以来、23年にわたって、サッカーとファッションの融合に挑戦し続けるとともにJリーグを陰ながら応援してきました。そして今年6月、「ソフ」を退任。キャリアを通して培ってきた叡智やクリエイティビティーを駆使して、Jリーグのさらなる発展と普及に貢献していきたいと思います」と記した。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。